元カレと復縁したいなら手紙!効果的な書き方の成功例文やタイミングを解説

元カレと復縁したいなら手紙!効果的な書き方の成功例文やタイミングを解説

ふとしたすれ違いや些細なケンカが原因で大好きな彼氏とお別れしてしまった…という女性は多いと思います。元カレのことを忘れられないまま、復縁のきっかけを待つという人もいるでしょう。

そんな、元カレとヨリを戻したいと願う女性のために、復縁を成功させるための手紙の書き方について効果的な例文や渡し方のタイミングなどをご紹介します!

目次

元カレとヨリを戻したいなら手紙で気持ちを伝えよう!

最近では、LINEやSNS(Twitter、Instagram)のDM、テレビ電話などがカップルの連絡を取り合うツールとして当たり前ですよね。特に、LINEやDMは気軽にメッセージを送れてリアクションも返しやすいので人気があります。

しかし、そういった気軽に送り合えるコミュニケーションが当たり前になっているからこそ、「元カレとヨリを戻したい!」という思いを伝えるためには手紙が良いのです。

【メリット】元カレと復縁するためにはなぜ手紙が良いの?

まず、ヨリを戻すきっかけとして手紙を書くことで、復縁への本気度が伝わります。なぜなら、いつでも簡単に送れたり送信取消ができてしまうLINEやDMとは違って、手紙は「書こう」と思い立ってから相手へ届くまでに時間がかかるからです。

自分で選んだ便箋や封筒に想いを直筆で書いた手紙は、読んだ相手に「自分のために時間をかけて書いてくれた」と感動を与えて真剣な思いを伝えることができます。

さらに、手紙は形として残るので、そのぶん記憶にも残りやすいですし、無事に復縁できたときには思い出として記念品にもなります。

【デメリット】元カレと復縁するために手紙を書くときの注意点

気持ちを伝えるためのツールとしてぴったりな手紙ですが、その反面、元カレに「重い」と思われてしまう恐れもあります。なぜなら、多くの人が手紙をもらうことに慣れていないからです。

だからこそ、相手にインパクトを与えて本気度が伝わりやすいのですが、加減には気を付けなければなりません。

復縁を望む元カレに手紙を書いたことで引かれてしまっては、逆効果ですよね。復縁を成功させるためにも、相手を不快にさせない手紙の書き方をしっかりチェックしておきましょう!

元カレとの復縁を成功させるための手紙の書き方

「元カレとヨリを戻したい!」という思いが強すぎると、相手の気持ちを無視した、一方的で独りよがりな手紙を書いてしまう可能性があります。

元カレが感動したり、嬉しいと思ってくれたりするような、読んでいて気持ちの良い手紙の書き方のポイントをおさえましょう。

復縁の手紙を書いた理由を書く

なにより大切なのは、「なぜ元カレへ手紙を書いたのか?」という、あなたが手紙を書いた理由を伝えることです。ただでさえ手紙をもらい慣れていないのに、お別れしたはずの元カノから突然手紙が届いたら、元カレはおどろいてしまいますよね。

あなたが「復縁したい」と関係の修復を望んでいることを、簡潔にわかりやすく書きましょう。

できれば、1~2枚の便箋におさめるのがベストです。あまりに長文となってしまうと、相手が読む気を失くしてしまったり、元カレに「重い」と感じさせてしまうかもしれません。

復縁の手紙を書く時のポイント・注意点

とはいえ、「まだ好きだからヨリを戻したい」「また会いたい」「連絡を取りたい」などと自分の気持ちばかりを書き連ねていては、元カレは読んでいて良い気はしませんよね。

そもそも、なぜお別れをすることになったのかを思い出してみてください。性格や価値観のギャップだったり、遠距離や仕事の繫忙期だったりと、理由はさまざまであれ、あなた自身に全くの非がなかったと言えるでしょうか?

元カレが「復縁したとしても、どうせまた別れてしまうのでは…」と不安にならないよう、別れの理由となった要因が解消されているのか、もしくは今後解消できそうなのかはしっかりと伝えるようにしましょう。

復縁の手紙を書くときにおすすめのレターセット

さらに気を付けなければならないのが、復縁の手紙を書くときに使う便箋や封筒といったレターセットです。

交際をしていたときに渡していた記念日の手紙や、誕生日プレゼントに添えるメッセージカードとはわけが違うので、デザインはできるだけシンプルなものを選びましょう。キャラクターなどが描かれているポップなものよりも、手紙の内容にしっかりと目がいくようなデザインが良いです。

【元カレと別れたパターン(理由)別】復縁を成功させる手紙の書き方例文

遠距離恋愛になり、お互いにまだ好き同士だったけど別れることになってしまった」「彼氏を怒らせてしまい、ケンカ別れしてしまった」など、元カレと別れに至るまでの理由や経緯は人によってさまざまだと思います。

そこで、よくある恋人との別れの理由別に、復縁を成功させるための手紙の書き方例文を紹介していきます。

【男性(彼氏)が振るパターン】別れの原因「性格の不一致」

「性格の不一致」は夫婦の離婚の原因としてもトップに上がるほど、男女間ではよくある問題です。はじめは「そこが良い」と思っていた相手の性格でも、時が経つにつれて「自分とは合わない…」と感じてしまい、疲れてしまう男性は多いんだそう。

そんなときはこの例文

〇〇へ

〇〇への感謝の気持ちを伝えたくて、この手紙を書きました。読んでくれたら嬉しいです。

私には×××な部分があって、今までたくさん迷惑をかけてしまいました。

それでも、いつも優しく接してくれた〇〇には、とても感謝しています。

〇〇と別れることになって、改めて自分を見つめなおしてみました。

すぐには無理かもしれないけれど、×××な部分と向き合って、人として成長していければと思います。

もし、まだチャンスがあれば、また私と会ってくれませんか?お返事待っています。

△△より

感謝の気持ちを伝えつつ、元カレが合わないと感じてしまった自分の性格を改善しようとしていることを伝えましょう。

ポイント

ポイントは、元カレとヨリを戻すためではなく、あくまでも人として成長するために性格(欠点)と向き合い改善しようと思っているのだというニュアンスにすること。そうでなければ、なぜ元カレに合わないと思わせてしまったのか、根本の原因を自覚していないことになるからです。

注意ポイント

もし、「×××な部分」の認識が元カレと自分で異なると、「自分の気持ちを全然わかってくれていない…」とマイナスに思われてしまうかもしれません。別れの際に、「△△のこういうところが合わない」と振られたなど、性格の合わない部分がはっきりとわかっている場合に使いましょう。

【男性(彼氏)が振るパターン】別れの原因「関係がマンネリ化してしまった」

長年付き合っていたカップルによくある別れの原因が、「二人の関係のマンネリ化」です。長い時間を一緒に過ごしてきた彼女に対して、トキメキや新鮮味を感じなくなってしまったという男性は残念ながら多くいます。

そんなときはこの例文

〇〇へ

〇〇への感謝の気持ちを伝えたくて、この手紙を書きました。読んでくれたら嬉しいです。

今まで、〇〇にはたくさんお世話になりました。

いつも優しく接してくれた〇〇には、とても感謝しています。

お別れしてから、今まで自分がどれほど恵まれていたのか、改めて実感しています。

最近は、新しい習い事を始めたり、自分の時間を大切にするようになりました。

〇〇はなにか変わったことはありますか?

もしよかったら、また私と会ってください。お返事待っています。

△△より

感謝の気持ちを伝えつつ、自分が前向きに進んでいることを伝えましょう。そのうえで、「また会いたい」と思っている気持ちを書くと良いです。

ポイント

ポイントは、会ったときにどんな会話ができそうか、相手にポジティブな印象を持たせること。お互いに別れてからどんなことが変化したのかを聞くことで、元カレにも「失ってから大切さに気付いた」と思ってもらえるかもしれません。

【男性(彼氏)が振るパターン】別れの原因「彼女に結婚観を押し付けられた」

大人カップルの別れの原因でよくあるのが、「結婚観の違い」です。

まだまだ仕事や友達と遊ぶことが大切だと思っている男性に対して、周囲の結婚ラッシュや親族からのプレッシャーによって焦りを感じる女性が結婚の話を切り出したことで別れにつながったという話はよく聞きます。ひいては、「価値観の違い」とも言えます。

そんなときはこの例文

〇〇へ

〇〇への感謝の気持ちを伝えたくて、この手紙を書きました。読んでくれたら嬉しいです。

今まで、〇〇にはたくさんお世話になりました。

いつも優しく接してくれた〇〇には、とても感謝しています。

今回のお別れは、私が〇〇の立場になって考えられなかったことが原因だと反省しています。

自分の気持ちを一方的にぶつけてしまったけれど、私はただ結婚がしたいのではなく、〇〇だから将来を見据えて一緒にいたいと思っているのだということはわかっていてほしいです。

もし、まだチャンスがあれば、また私と会ってくれませんか?お返事待っています。

△△より

結婚に対する価値観の違いで別れてしまった場合、多くは男性側が「まだ結婚について意識をしていなかった」ことが原因であることが考えられます。

いずれ結婚はしたいけど、今すぐには難しい」なのか、「そもそも結婚願望を持っていない」なのか、予想外の場面で結婚の話をされたことで元カレがテンパってしまい、本音を言えていない可能性もありますよね。

ポイント

あなた自身も、「彼と結婚がしたい」のか「すぐに結婚がしたい」のか、自分の結婚観の優先順位を考えてみてください。彼と復縁をして結婚したいと考えているのであれば、相手の結婚観にすりよる姿勢を見せることが大切ですよ。

【女性(彼女)が振るパターン】別れの原因「彼氏に浮気された」

彼氏に浮気されたことが原因で別れるカップルもいますよね。それでもなお、元カレのことが忘れられないでいるという女性は少なくありません。

そんなときはこの例文

〇〇へ

今まで、〇〇にはたくさんお世話になりました。

いつも優しく接してくれた〇〇には、とても感謝しています。

正直、浮気がわかったときはショックだったけど、〇〇と別れてから今まで自分がどれほど恵まれていたのか、改めて実感しています。

最近は、新しい習い事を始めたり、自分の時間を大切にするようになりました。

〇〇はなにか変わったことはありますか?

もしまだ私にチャンスがあれば、また会ってください。お返事待っています。

△△より

感謝の気持ちを伝えつつ、彼の浮気にショックを受けた素直な気持ちを伝えましょう。そのうえで、自分は前向きに進んでいることを書くと良いです。

ポイント

相手は自分が原因で別れているので、あなたと会うことを気まずいと感じている可能性が高いです。そのため、自分は元カレの気持ちや行動を受け入れたうえで「会いたい」と思っていることを伝えましょう。

また、お互いに別れてからどんなことが変化したのかを聞くことで、元カレにも「失ってから大切さに気付いた」と思ってもらえるかもしれません。

元カレとの復縁を成功させる手紙の効果的なタイミングと渡し方

「ヨリを戻したい!」と願う元カレに宛てた手紙が書けたら、復縁を成功させる確立をアップするために効果的なタイミングで渡したいですよね!

復縁を成功させる手紙の効果的なタイミング:記念日

二人が付き合い始めた記念日や元カレの誕生日、クリスマスなど、お互いにとって思い出のある記念日を選ぶと良いです。もし別れた原因が「性格の不一致」や「価値観の違い」、「関係のマンネリ化」だった場合は、記念日までのあいだが冷却期間にもなります。

復縁を願うあなたは常日頃に元カレのことを考えているかもしれませんが、記念日が近づいたことで元カレのことを思い出して恋しくなったというのは自然な流れでもありますし、相手にあまり「重い」と感じさせません。

さらに手紙の中でも記念日に触れることで、付き合っていた当時の楽しい記憶を元カレも思い出してくれるかもしれませんよ!

復縁を成功させる手紙の効果的なタイミング:別れを切り出された翌日

ケンカや言い合いをした勢いで別れることになったのであれば、振られた翌日など、あまり時間が経たないうちに手紙を送りましょう。なぜなら、振られてから復縁を迫るまでに期間が空いてしまうと、元カレに「別れを受け入れてくれたんだな」と思われてしまうからです。

そうなってしまうと、元カレは新しい恋人を探し始めるなど完全に気持ちを切り替えられてしまい、復縁できる可能性が低くなってしまいます。

復縁を成功させる手紙の効果的な渡し方:元カレの家へ郵送

元カレとは日常で会う機会がないという方は、相手の家へ郵送するのがベターです。

たまに「元カレの会社へ手紙を送った」という女性もいますが、職場では彼の手元に渡るまでにほかの人の目に触れる可能性がありますし、相手へ迷惑をかけない配慮をするなら避けるべきでしょう。

復縁を成功させる手紙の効果的な渡し方:直接手渡し

職場やバイト先が同じなど、元カレと日常で会う機会があるのであれば、直接手渡ししても良いです。ロッカーやデスクの中に入れておくなど、非対面で渡すのは相手が気がつかない可能性もあるのでやめておきましょう。

受け取った手紙を読むかどうかは相手の意思次第ですが、元カレが手紙を受け取ったことを直接確認できるので、自分の気持ちに一区切りをつけやすいです。

ただし、渡した手紙を相手が読むのをその場で待つような行為は避けましょう。プレッシャーを与えてしまい、あまり良い印象をもたれません。

別れた元カレに手紙を書いて復縁を成功させよう!

「復縁したい」という自分の素直な気持ちを伝えるためには、手紙がぴったりです。一度はすれ違ってしまい別れを選ぶことになった二人かもしれませんが、あなたの彼への想いがしっかりと届けば、復縁できる可能性は十分にあります!

もし別々の道を歩むことになったとしても、自分の気持ちを文章にすることで心の整理ができるので、手紙を書く前よりもスッキリできるでしょう。

別れた元カレのことが大好きでまだ忘れられない…という方は、ぜひ一度手紙を書いてみてください!

© よむしる