恋愛

運命の人に出会う前兆・前触れの体験談|体調変化・失恋・風邪・夢など必ず起こる予兆とは?!

 

「あなたは運命の人にであえましたか?」「運命の人を逃したら一生独身かも…と焦っていたりします?」

当サイトでは運命人に出会うことができて幸せな日々を送っている人たちに、「想い返してみると運命の人に会う前に起きた不思議な出来事」に関するアンケート調査を行いました。

運命の人に出会う前に必ず起こることはありませんでしたが、人よって眠気や体調不良などの様々な兆候があることがわかりました。

この記事では、運命の人に出会う前に起こった「前兆」や、その「体験談」「不思議な出来事が起こってから運命に人に出会うまでの期間」をご紹介します。

大失恋をキッカケに運命の相手が現れる

大好きな彼氏にフラれて失恋をした

スピリチュアル的な観点からは運命の人(ソウルメイト)に出会う前には大失恋をするといわれています。ちなみに、ソウルメイトとは、生死を繰り返す輪廻転生のなかで何度も人生を共にした魂でつながった伴侶を意味します。

そして、失恋をすることで「魂の成長」や「運命の転換点を迎える」ことができて、運命の相手に出会いやすくなるようです。

「人は、大失恋を経験した後に運命の人と出会う」という話を聞いたことがありました。自身も、3年付き合って同棲していた婚約者がいましたが、いろいろあって別れることになり30歳半ばだったため結婚自体を諦めていました。本当に辛い経験でしたが、今思えばこの失恋こそ運命の人に出会うための前兆というか試練だったのだと思います。(30代女性の体験談)

失恋したあとで自暴自棄になっていました。好きな曲も楽しめなくなったり、友達付き合いも減っていた頃です。仕事に打ち込むことで寂しさを紛らわせていましたが、食事会に誘われ、いつもは断るのですが、一度出てみようと思いました。(20代女性の体験談)

体験談からもわかるように、失恋をして落ち込んでいる期間であっても出会いの場へ参加したことで運命の人に出会っています。

大好きな彼にフラれたあとは気持ちが落ち込み、とっても辛いとは思いますがふさぎ込んでいるだけでは運気がアップしないため頑張って行動しましょう!

風邪のような火照りと暖色系のエネルギーを感じた

風邪のような火照りを感じた

赤やオレンジといった暖色系のオーラは、「情熱」「行動力」「愛」「冒険」といったパワーを秘めています。

人との関りや喜びをもたらすカラーを強く感じるようになると熱っぽい暖かさを感じるようになり、運気が変化するため運命の人と出会う前のサインとなることがあります。

数日前から自分の体が、ボヤッとした暖色系の何か不思議なものに包まれている感覚がありました。体の中も温かく感じられたので、熱っぽいのかな、でも風邪とは違うような感じでした。怖いという感覚はなく、むしろ大きなパワーのような感じです。(40代女性の体験談)

ちなみに、身体は熱く火照っているけど風邪のような気だるさはなく、いつもより体が軽く感じるような感覚だったと体験者はコメントしています。

思いもよらない偶然の再会をした

偶然の再会

スピリチュアルな世界では「運命の人とは1度別れを経験する」と言われており、運命の人に対して心が自然とその人を想い、まるで引き寄せあうように偶然の再会を果たすことがあります。

運命が2人にとって最もベストなタイミングで引き合わせてくれることで恋愛に発展します。

全く何も予想していなかった時に出会いがありました。初めて会った時から会話が弾みました。何を話そうか考えたり、緊張することもなく自然に会話ができました。最初の出会いから半年以上ブランクがありましたが、再び出会う機会が自然にやってきました。それは不思議なことでした。(40代女性の体験談)

小学校を卒業してから二人は別々の道を歩んでいました。ある冬の朝、彼のSNSを偶然見つけ懐かしさを覚えました。その日はバレンタインデーが近かったこともあり、小学校での6年間は毎年あの子にバレンタインを渡していたなと懐かしい気持ちになりながら、家族や友達にお菓子を作るために本屋へレシピを探しに行ったのです。そしてその本屋で彼にばったり再会したのです。彼のことを頭に浮かべていた時の出来事だったので本当に驚きました。(30代女性の体験談)

体験者からの口コミから、運命の人だと分かる瞬間は「離れている期間が長くても、緊張することなく楽しく自然と話ができる」ことであることがわかりました。

同じ夢を何度も見るようになった

同じ夢を何度も見る予知夢をみた

何度も同じ夢を見るのは「予知夢」の特徴で、夢を見る回数が多いほど予知夢の可能性が高くなります。

相手の顔が見えなかったり覚えていないこともありますが、夢で見た雰囲気や仕草、臭いなどが同じだったと感じる人もいます。

前兆としては、何度も同じ夢を見ていました。バラに囲まれた庭園で私はコーヒーを飲んでいて、その場所でまったく知らない方に肩を触られました。振り返ってみても顔を見る事は出来ず、そこで夢から覚めて現実に戻っていました。(30代女性)

前兆として夢の中で夫と思われるすらりとした男性がぼんやりと出てきました。
男性には明るいオーラみたいなものが宿っていて、その後姿をぼんやりと見つめている感じです。
それまで体調が芳しくなくて体全体が重たかったのですが、その夢を見てからは体が軽くなりました。(40代女性)

口コミをいただいた方からは「それまではまったく満たされていないというもどかしさがあったのですが、運命の相手と出会ったことで、枯れていた私の心に潤いが満ち溢れたのをはっきりと自覚をしました。幸せに満ちた感覚も得ました。」といった心の変化が感じられたそうです。

幸せな気持ちになれる夢を見た

穏やかで幸せな気持ちになれる夢を見た

幸せな気持ちで目覚めることができる夢も運命の人との出会いを意味した兆候である場合があるようです。

とにかくキラキラ輝く世界の中に自分がいたり、綺麗な花畑に身をおいていたり、幸せを感じる夢をよく見ました。何だかいつも以上に、ドラマでも映画でも花でも何をみても感動したり、心がときめいたりしていた様に思います。

また、星は運命のタイミングを告げる意味合いがあり、キラキラしたドラマチックな夢も同じような意味があったと思われます。

コメントをいただいた方は、夢を見た後に現在の旦那さんと「たまたま献血に行った際に、待合室で隣の席に座っていた」ことがキッカケで、献血後にランチに行くことになりお付き合いが始まったそうで、とてもドラマチックな展開で驚きますよね!?

環境が変わることで新しい出会いを生んだ

環境が変わることで新しい出会いを生んだ

「転職」「転校」「進学」「引っ越し」「習い事」など新しいことを始めると、今まで出会わなかった人たちとの関係が運命の人へ巡り合う道筋になることがあります。

新しいことを始めたときに同じ目標に向かっている人がいました。情報共有などをしていると相手の人柄まで伝わってきました。ゴールが同じだと自然と距離が近くなっていた気がします。今とは何か違う新しい事を始めたいと思った事前兆だったと思います。(20代女性)

人には「生まれ持った宿命」と「環境で変わる宿命」に2つの運命があり、自分がおかれている環境を変えることで良い運命へと変化することがあります。

犬などのペットを飼い始めた

犬などのペットを飼い始めた

ペットは大切に育てることで運気がアップし、特に「十二支」に登場する動物には人を助ける運気があり、風水的にもスピリチュアル的にも運気に良い影響を与えます。

運命の人は私の今の夫です。彼と出会う前、我が家に一匹の犬がやってきました。我が家では新しい家族が増えると幸せが訪れると考えていて、家族の誰かに幸せが来るといっていました。そのころ私は結婚の適齢期だったので、いい結婚相手が見つかる気がしました。(50代女性)

犬のほかにも、子孫繁栄の象徴となるネズミの仲間にあたる「ハムスター」や「ハリネズミ」にも運気をアップしてくれる効果があります。

ただし、ペットを飼えばよいわけではなく大切に育てなければ吉兆を得られませんので、家族のように大切に育ててください。

占い師に運命の人に会うと告げられた

占い師に運命の人に逢うと告げられた

自分では運命の人と出会う前兆はわからなくても、占い師から告げられることで運命の人との出会いを果たした人がいました。

日頃から占いなどを定期的におこなっていることはなく、興味はなかったものの友人の付き合いで体験した占いで異性関係で運命の人が現れるといわれ、信じてはいなかったものの、その時に受けたアドバイスに似た男性と出会う機会があった。(30代女性)

それまではほとんど恋愛をしてきませんでしたが、ある日ふと占いを受けに行ったことがあり、そこの占い師の方に"もうすぐあなたに出会うのを待っている人がいる"と告げられました。それを逃すともうこの先、あなたが相手を見つけ、結婚する方はない。と断言されました。(20代女性)

普段占いに行かない人でも、「急に占ってもらいたくなる」「友達に付き合って占い館にいくことになった」など、第6感が働いて必然的に占い師のもとに赴くことになった印象がある体験談が多くありました。

占いをしてもらいたいけど当たる占い師や行きつけが無い人は、電話占いの「will」がおすすめです。

24時間いつでも電話一本で運命の人との出会いについて相談に乗ってもらうことができます♪

急に体調が安定するようになった

急に体調が安定するようになった

長く続く体調不良は運気の変わり目となり、人生が劇的に変わる前のキッカケとなることがあります。

崩しやすい体調だったのが、急に体調が安定しました。しかもやることなすこと、比較的うまくいった点も前兆です。これまでに経験したことがない、非常に充実した日々を送っていて、これは何かが起こると予感しました。出会い系サイトに登録して間もなく、のちに運命の人とメールのやりとりをしたのがきっかけでした。様々な話題について、メールですでに大いに盛り上がり、この人なら安心できる、という気持ちが高まっていきました。(50代女性)

今から20年前の話とのことですが、当出会い系サイトで出会った男性とゴールインして「現在もラブラブ」でとても素敵な話ですね!

運命の人と出会うまでの期間

普段と違う変化を感じてからどのくらい時間が経過して運命の人に出会えたのかアンケート調査をいたしました。

運命の人と出会うまでの期間をまとめた円グラフ

回答で最も多かったのは「1週間後:35%」「1か月以内:31%」「当日:17%」といった結果になりました。

半数以上の人が予兆のようなものを感じてから1月内には出会いをはたしていました。

運命の人に出会うための方法

運命の人に巡り合うためには新しいに出会いを作っていく必要があります。待っているだけでは知らないうちに機会を逃してしまう…なんてことがあります。

「飲み会に参加」「知人に紹介してもらう」「趣味を増やす」「転職」など、積極的に参加しましょう!

スグに出会いの機会がない人は、マッチングアプリを使って気になる相手を探してみるのもいいでしょう。

おすすめは真剣にお付き合いする恋人や結婚相手を探している会員の多い「ペアーズ」です。

まず一歩踏み出す勇気や行動が「あなたのその後の人生を大きく変えるキッカケ」になってくれることを願っています♪

-恋愛

© よむしる