退職代行サービスSARABAの口コミ・評判は?失敗などデメリットやユニオンへの加入届の必要性について

2021年7月30日

退職代行サービスSARABAの口コミ・評判は?失敗などデメリットやユニオンへの加入届の必要性について

退職代行SARABAとは、依頼者にかわって会社に退職の意思表示や退職日の調整や交渉を行ってくれる退職代行サービスです。

仕事を辞めさせてくれない会社に勤めているひとの場合は、自分で辞めるよりスムーズに退職ができます。

この記事では、退職代行サービスの中で知名度と注目度の高い退職代行SARABAの口コミ・評判について紹介いたします!

悪い口コミ・評判&編集部レビュー

退職代行SARABAを使ってみた人の悪い感想を編集部が調査したところ特にありませんでした。

ただし、運営元が弁護士ではないため会社側との交渉は「可能」ですが、デメリットとしては会社側から訴えられた場合のトラブル「対応ができない」ことです。

パワハラ・セクハラ・いじめに対しての損害賠償請求はできない

退職のみを目的とした依頼であれば何の問題ありませんが、退職と同時に会社を訴えたい場合は退職代行SARABAでは対応できません。

会社に損害賠償請求できるケース

  • 長時間労働
  • ハラスメント(パワハラ・セクハラなど)
  • 労働災害(怪我など)

このような場合は会社から未払い賃金や賠償金を得られる場合があるため、弁護士法人みやびの退職代行サービスがおすすめです。

会社側から訴えられた場合の法律相談はできない

会社から予告もなく訴えられた場合、退職代行SARABAでは法律相談や裁判に向けての準備や手続きなどはできません。

理由は、退職代行SARABAユニオンは労働組合となるため会社との交渉までしか対応することができないためです。

<退職代行SARABAの業務範囲>

(2)労働組合法及び弁護士法第72条に違反する行為

退職代行サービス利用規約 | 退職代行「SARABA」

ただし、会社側が「退職したら損害倍級を請求するからな!」などと言われた場合(訴えられる前)は、対応してもらうことが可能です。

会社側はサービス名を見て腹を立てることも

「退職代行SARABA(サラバ)」は利用者からすると非常にサービスの内容と名前がマッチしていてわかりやすいですが、ある日突然「退職」の電話が掛かってくる会社側からするとふざけた名前に聞こえてしまうため怒りを覚える人もいるようです。

退職代行をされた側からすると、気持ちを逆なでするような非常識な名前と感じてしまうケースがありますが、名前が原因で大きなトラブルまでことは少ないと考えられます。

良い口コミ・評判&編集部レビュー

退職代行SARABAの良い口コミ・評判は「問題なく簡単に退職ができた」といった声が多い傾向にありました。

理由のひとつとしては、退職代行業者では対応できない会社側からの引き止めや、退職日の調整なども退職代行SARABAユニオンであれば調整できるためであると考えられます。

特に問題が起こらなければスムーズに退職ができる

「自分から退職の意思を伝えられない」「引き止められて退職の手続きが進まない」など会社を辞められない場合でも、退職代行SARABAに依頼することで簡単に仕事を辞めることが出来ている口コミが多く見られました。

会社側に断られることがない

退職代行サービスの知名度が上がり、最近では退職代行サービスからの連絡を受け付けない企業が現れています。

しかし、退職代行SARABAは労働組合であるため団体交渉権(企業が正当な理由なく断ることが出来ない)が憲法第28条で保障されているため企業側は交渉しなければなりません。

つまり、退職代行ニコイチなどの普通の代行業者では断られてしまうような会社が相手でも、退職代行SARABAで無事退職することができます。

SARABA退職成功率:ほぼ100%

会社側と賃金や有給などの交渉が可能

労働組合(退職代行SARABAユニオン)は労働者の権利を守るため会社と交渉ができるため、企業は合理的な理由がなく退職代行SARABAからの申し入れを断ることができません。

通常の退職代行業者は法律上の理由から「退職の意思と依頼者の要望を一方的に伝える」業務のみに限られていますが、退職代行SARABAは会社側と様々な交渉ができます。

退職代行SARABAができること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 未払い残業金の交渉
  • 退職金の支払い・金額交渉

「残りの有給をすべて使い切って退職したい」といった会社側との交渉などを依頼することができます。

裁判ではなく話し合いで解決できるような会社を相手にする場合は十分頼りになります。

万一退職できなければ全額返金保証

退職代行SARABAの退職成功率は100%弱となりますが、万一退職できなかった場合は全額返金の保証が受けられます。

ただし以下の条件に該当する場合は返金保証が受けられないためサービス利用時には注意が必要です。

  1. 利用ユーザーが退職する会社へ退職届などの退職に必要な書類または物品を提出しないとき
  2. 当社又は退職代行ユニオンが連絡しても、利用ユーザーと3日間(72時間)以上連絡がとれない状況が一時的でもあった場合
  3. 利用ユーザーが本規約に違反したと当社又は退職代行ユニオンがみなしたとき
  4. 利用ユーザーの判断によって退職をしなかったとき、または退職代行サービス実施前および実施後で、退職代行サービスの利用を中断もしくは終了したとき
  5. 退職に至らなかった原因が当社又は退職代行ユニオンの責めに帰すべき事由ではないと当社又は退職代行ユニオンが判断した場合
  6. 返金保証サービスを実施する旨を本サイト上で掲示していないとき
  7. その他、当社又は退職代行ユニオンが返金保証サービスの適用は不適切だと判断したとき

退職代行サービス利用規約 | 退職代行「SARABA」

退職代行サービスSARABAでよくある疑問・質問

 

退職届の作成や提出も代行してくれるの?

「退職届」「辞表」など書類の作成や提出の代行はできません。

自身で行う必要があります。

退職代行SARABAが退職の失敗をすることってある?

有期雇用契約で働き始めてから1年未満の場合は労働基準法 第137条の定めにより原則として退職はできません

つまり、退職代行SARABAに依頼をしても失敗します。

メモ

有期雇用契約とは、企業と労働者が「1年間」「2年間」など労働期間を定めて結ぶ契約

しかし、民法 第628条で「やむを得ない場合」には契約の解除(退職)できる定めが設けられています。

民法 第628条

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

「やむを得ない」場合とは、非常にあいまいな表現で明確ではないものの以下の条件などが該当すると考えられます。

やむを得ない場合の条件

  • 病気や怪我などで業務ができなくなった
  • 家族の介護が必要になった
  • パワハラ・セクハラなどのハラスメント
  • 契約内容と労働条件が大きく異なる

仕事が続けられない状況となった場合には、会社と話し合い双方合意となれば退職だできます。

退職代行SARABAユニオンへの加入届が必要になるの?

はい。退職代行サービスの料金を支払い後に加入届をWEBからダウンロードをして申し込みが必要になります。

退職代行SARABAユニオンの加入の扱いはどうなるの?

労働組合(ユニオン)に加入した組合員は会費を支払う必要がありますが、退職代行サービスが完了した時点で脱退扱いとなるため費用も退会届も提出する必要はありません。

ユニオンからの脱退については、本人からの退職代行サービスのキャンセル又は脱退の希望が申し入れられた場合、もしくは退職代行サービスの完了及び当社又はユニオンが脱退が適当と認めた場合において、当社又はユニオンが定めた日付けで脱退するものとします。

退職代行サービス利用規約 | 退職代行「SARABA」

申し込みから退職までの流れ


  • 問い合わせ・相談

    電話・LINE・問い合わせフォームから問い合わせ・相談をします。(受付時間は24時間で年中無休)

  • 料金の振り込み

    退職代行サービスの料金は一律25000円となり以降、追加料金は発生しません。

  • 担当者と打ち合わせ

    退職希望日、有給消化など会社に伝えてほしい内容を担当者に伝えます。


  • SARABAが会社に連絡

  • 打ち合わせの際に決めた日時(即日可能)に会社へSARABAが連絡します。

運営会社情報

退職代行SARABAの運営会社「株式会社スリムエ」は、福岡でリノベーション物件などを紹介する不動産サイトを2016年から運営している活動実態のある会社です。

会社名 株式会社スムリエ
労働組合名 退職代行SARABAユニオン
所在地 〒822-1405 福岡県田川郡香春町中津原1533-30
電話番号 0120-987-776
実績 6,000件以上

© よむしる