好きな人が完全に脈なしだけど諦めきれないんです…辛さを乗り越えるための対処法

2021年6月7日

片思いしている好きな人が脈なしだと、彼氏・彼女に振られたのと同じくらい辛い気持ちで上の空になってしまうものです。告白して断られた、もしくは告白していないけれど完全に脈なし…でも諦められない…そんな悩みを抱えていませんか?相手の反応が優しいなどの理由があると、なおさら諦めがつかず苦しいもの。

しかしいつまでも辛い気持ちを引きずっていると、仕事などのやるべきことにも集中できない時期が続いて困るものです。そこで今回は、好きな人が脈なしで辛いときの状況を乗り越える方法を解説していきます。

片思いの相手を諦められない原因

片思いの好きな人を諦められないのにはどんな原因があるのでしょうか。恋愛経験が豊富にある人でも、本当に好きな人が相手なら「まだチャンスはある気がする…」とつい期待して、片思いを続ける言い訳を探してしまうものです。しかしそのせいで、逆効果なしつこいアプローチを繰り返し、脈なしの状態に自ら追い打ちをかけてしまっている人も多いかもしれません。まずは、片思いの相手を諦められない原因を考えて、自分自身の心を整理していきましょう。

価値観が考え方の相性が抜群に良い

価値観や考え方の相性が良ければ「もしかして今後チャンスは巡ってくるのでは…」と期待してしまうものです。同じ価値観で話せる人なら会話はとにかくスムーズで趣味なども合うでしょう。そしてそんな相性抜群の人とはなかなか出会えるものではありません。恋人としては完全に脈なしでも「今は恋愛のタイミングじゃないだけかも」とつい片思いを続ける言い訳や理由を考えてしまう人は多いでしょう。

同じ職場で毎日のように会う

同じ職場で毎日のように会う人に片思いしている場合は、どれだけ恋愛経験豊富な人でも、簡単にその恋を諦めることはできないものです。仕事に行くたびに顔を合わせて、そのたびにときめくからです。確かに毎日のように顔を合わせるのに、恋心に黙って蓋をするのはとても辛いものです。自分で気持ちを抑えるのは非常に難しいでしょう。

直感的に運命を感じた

「この人しかいない!」と運命的なものを感じたから…という理由で片思いに諦めがつかない人も意外と多いのではないでしょうか。特に女性は、運命の人や理想の恋などについ憧れてしまうものです。たとえば占い的に良い相性が出ていたりすれば、なおさら諦めはつかなくなってしまいます。

一度良い雰囲気になったのにこちらから逃げてしまった

好きな人とは、実は以前に良い雰囲気になったのに、そのときはこちらから逃げてしまった…という後悔を抱えている人も意外と多いでしょう。中にはキスやセックスなど、男女として一線を越えたのにも関わらず、その後は曖昧な関係のまま…というパターンもあるかもしれません。そしてそれからしばらく時間も経ち、完全に相手が脈なしになってから本当に好きだったことに気づいたというパターンです。まさにすれ違いの恋です。そんな悔やまれる状況の中で片思いをしているなら、確かに諦めもつかないものです。

片思い期間が長い

片思い期間が長い人は「ここまでずっと思ってきたのだから…」という気持ちもあるのではないでしょうか。たとえば年単位で長い片思いを続けてきた場合は、脈なしだった、絶対にダメだとわかっていたとしても諦めてしまうのはなんとなく心理的にもったいなく感じてしまうもの。長いからこそ片思いしていることが染みついて、一歩踏み出して次の恋に進むということがもはや考えられないという場合もあるでしょう。

今までも失恋ばかり

以前に何度も失恋経験がある人は「今度こそは叶えたいのに…」という思いもあるはずです。誰だって同じ失敗は繰り返したくないものでしょう。しかし恋愛に対して不器用な人は、その分失恋経験も多くなりがちです。

・学生時代に一生懸命片思いしていたのに告白できないまま諦めた

・消極的なせいで初恋もまったくアプローチできないせいで脈なしで終わった

・好きな人から恋愛対象外と言われて告白できずに振られた

・絶対ダメなのに長文LINEばかりしつこく送った結果はっきりうざいと言われた

・駆け引きテクニックをいつも間違えて引かれてしまう

…といったように苦い思い出がたくさんある人こそ、失恋に対してコンプレックスが強くなり、脈なしが決定的の状態でも今の恋にこだわってしまいます。

完全に脈なしのサイン

ではここからは、完全に脈なしのサインとして考えられる発言や行動、態度の特徴を整理してみましょう。

・LINEの返信が遅い・未読/既読スルーされる

・軽く好意アピールするとウザがられる・冷たくあしらわれる

・手をつなぐなどのスキンシップをすると迷惑そうにされる

・いつも反応や態度が素っ気ない

・二人で出かけても相手はオシャレな服装をしてこない

・話しかけたり会話したりしようとすると避けられることが多い

・悩み相談しても真剣に聞いてもらえない

・客観的に見て自分より他の女性(男性)への対応の方が好意的

・デートに誘うと「また今度」と断られる

・「気が合う」「距離感が近い人」と伝えると否定される

・結婚のパートナーや恋人としては無しだと明言される

・恋愛の駆け引きが成立しない

・会話中の笑顔が少ない

・近い距離で話そうとすると会話を打ち切られる

・長文LINEを送っても一言しか返信が返ってこない

・LINEに絵文字やスタンプがほとんどない

・同年代なのにいつまでも敬語のまま

諦められない場合の対処法

ではここからは、諦めきれない場合の対処方法を具体的に見ていきましょう。諦められない気持ちに整理をつけることは、正直かなり難しいです。自分の気持ち一つではなかなかできないもの。効果的な対処法を見極めて、綺麗さっぱり忘れて次に進むきっかけを作りましょう。

飲み会に参加する

失恋を諦めきれないときに効果的な解決方法の一つは、飲み会に積極的に参加することです。理由は二つあります。

・単純なストレス発散になる

・新しい出会いが見つかる可能性がある

お酒を飲んで気持ちが高揚すれば、ストレス発散の良い機会になります。「こんな辛い失恋をして…」と友達に話を聞いてもらうこともできるので、それによって心理的にすっきりして前に進める可能性があります。また、飲み会は社会人にとって大きな出会いのチャンスを秘めている場所です。失恋の悲しみやむなしさを乗り越えるのには、他に好きな人を作るのが一番といいます。そのため異性が参加する飲み会には、片思いの恋を諦めるためにはぜひ積極的に参加したいところです。

仕事に集中する

仕事に集中して脈なしの片思いを諦めるという解決方法もあります。仕事など夢中になって取り組めるものがないと、片思いの相手のことばかり考えてしまうものです。しかし仕事に集中して「一人でボーっとする時間」をとにかく少なくすれば、自然と片思いの恋は忘れられるようになります。自分の中で仕事のことを考える時間が多くなるため、「好きな人が振り向いてくれなくて辛い」という思いの比重は自然と少なくなっていくという仕組みです。また、仕事で成果を出して周りに認められれば、充実感を得られるようになってなおさら立ち直るきっかけにつながります。

失恋仲間を見つけて共感し合う

片思いの恋をなかなか諦めきれないのは、自分の気持ちを誰にも共感してもらえない、理解してもらえないからというのもあるかもしれません。愚痴を言うことで気持ちがすっきりするのと同じで、失恋の悲しみも吐き出して共感してもらうことで、解決につながる可能性もあります。友達に話すのも効果的ですが、特に同じように失恋の悲しみに暮れている「失恋仲間」に話せるのが最も理想的です。SNSなどで失恋について話せる友達を見つけて共感し合えば、マイナス感情も徐々に浄化されていくはずです。

できるだけ好きな人とは会わないようにする

好きな人とはできるだけ会わないように工夫しましょう。友達としてつながっているなら、用がない限りはしばらく会わないようにすることが大事です。脈なしなのに諦めがつかないのは、会うたびにキュンとしてどこか期待してしまう自分がいるからでしょう。それなら会わないことで相手にときめく機会を強制的になくし、好きな人を物理的に遠い存在にしてしまうのが一番効果的です。

ウォーキングなど体を動かす癖をつける

ウォーキングなど体を動かす癖をつけるのもおすすめです。脈なしで振り向いてもらえないのが苦しい…と悩んでいると、どうしても家の中にこもりがちになって、いつまでもネガティブなことばかりを考えてしまいます。思い切ってスポーツを趣味として始めるのでも良いですし、ウォーキングなどの軽い運動でも、気持ちの整理をするのにはとても効果的です。晴れの日に日光を浴びて爽快感を得ることで、少しでも前向きになるきっかけを見いだすことが大事です。

新しい出会いを積極的に探す

上でも触れたように、失恋の悲しみを癒すのにかなり効果が高いのは新しい出会いを見つけることです。他に好きな人ができれば、今までの脈なしの恋の辛さは自然と気にならなくなっていきます。当然ながら、新しく好きになった人に振り向いてもらいたいという気持ちの方が大きくなるからです。新しい出会いを探す方法は、

・マッチングアプリ

・友達の紹介

・合コン

・婚活パーティー

などさまざまなものがあります。特にマッチングアプリはネットの出会いだからこそ多くの人と出会えるため、新しい恋で失恋の辛さを乗り越えたいという人には非常におすすめです。マッチングアプリで異性からアプローチされれば、それがまた自信にもつながるのではないでしょうか。

プロに恋愛相談する

脈なしの状態だけどなかなか諦めがつかない…というときは、プロに恋愛相談するのもおすすめの方法の一つ。特に恋愛相談や自分にとって相性の良い相手を見極めるためのアドバイスをしてくれる占い師は、失恋後に気持ちを整理するのにぴったりです。占い師なら客観的な視点でアドバイスをくれるため、参考になるポイントも多いはずです。電話占いなら気軽に相談もできるので、なかなか諦められないときは占い師への電話相談もぜひ考えてみましょう。

告白していない人は告白して振ってもらう

告白していない状態で諦めようとしている人は、あえて告白してきっぱり振ってもらうことで諦めるという方法もあります。確かに、脈なしだとわかっている相手から「ごめん」という言葉を聞くのは本当に辛いものがあります。しかし相手の気持ちを聞くことで現実を受け止めるのには、良い機会といえるのも事実。なかなか諦められないのは、振られていないからこそ「もしかしたら少しでも可能性はあるかも」と淡い期待を寄せてしまうからでしょう。諦めきれないときは、玉砕覚悟で告白することも考えてみましょう。思い切って気持ちを打ち明けたことが、かえってその後の自信につながる場合もあります。

自分磨きを始める

もっと魅力的な自分になることを目指して、自分磨きを始めるのも一つの方法です。「次こそは、もっと素敵な人を見つけて幸せな恋をする」という目標をもって自分磨きを始めれば、次に進む原動力になります。自分磨きとしてできることはさまざまあります。

・自分に似合うメイクやコーディネートを研究する

・理想の体型を目指してダイエットをする

・新しい趣味を始める

・友達を増やして人間関係を充実させる

・資格取得のための勉強をする

・料理の腕を磨く

晴れて自分磨きの結果が出れば、失恋によって自信喪失の状態になっていた人も、そんな辛い心理状態から抜け出せるはずです。周りの男性からも積極的にアプローチされる可能性が高まります。

旅行に出かけて視野を広げる

失恋したときは旅行など少し遠出して気持ちをすっきりさせるきっかけを持つのも効果的といいます。一人の人に恋焦がれて一喜一憂していたことが、新しい世界に触れることで一気にちっぽけに見えてくる可能性があるためです。旅行に行って自分の知らない世界を知れば、今までより視野はきっと広がることでしょう。「急にどうでもよく思えてきたかも」と思えて、次の恋に進むための心の準備が整うはずです。

まとめ:好きな彼を吹っ切るなら新しい出会いがおすすめ

片思いしている好きな人を諦めるには、まずなぜ諦めきれないのか、理由や原因を詳しく知ることが大切です。理由を知って心の整理がつけば、諦め方も徐々に見えてくるでしょう。そして諦めるきっかけとして特に効果的なのは、新しい恋を見つけること。マッチングアプリはネットですぐに出会いを見つけられるので、周りに出会いがない人には特におすすめです。

マッチングアプリのペアーズは会員数がとても多いので、趣味や価値観の合う人が見つかりやすいのがポイント。好きな人を忘れないけど、どうしても諦めがつかなくて…と困っている人は、ぜひペアーズで素敵な出会いを見つけてみましょう。

© よむしる